中国大気汚染物質「PM2.5」とは?

中国大気汚染物質「PM2.5」とは?

そもそも、最近世間を騒がしている中国大気汚染物質「PM2.5」とは、一体何なのか?分かりやすく解説していきますね。

 

PM2.5とは、自動車の排気ガスなどに含まれる、直径2.5マイクロメートル以下の微粒子の総称です。

 

ポイントとなるのがその大きさ。

・髪の毛:約70マイクロメートル
・スギ花粉:約30マイクロメートル
・黄砂:約4〜7マイクロメートル

 

というように比較すると、直径2.5マイクロメートルというのは、とても小さな粒子であることが分かりますね。

 

とても小さな微小粒子なので、人間がPM2.5を吸い込むと、気管や肺胞へ吸収されてしまうそうです。

 

その結果、気管支炎やぜんそく、そして肺がんを引き起こす可能性が高くなるとのこと。

 

環境省は注意喚起のための暫定的な指針を下記のように示しています。
参照:http://www.env.go.jp/air/osen/pm/info.html

 

35を超えたら、ちょっと外出を控えるなどの対策をした方が良いでしょう。

 

ちなみに、お住まいの地域のPM2.5濃度を知りたいときは、以下のサイトをご覧ください。
>>大気汚染物質広域監視システム「そらまめ君」

 

PM2.5をはじめ、二酸化硫黄(SO2)や浮遊粒子状物質(SPM)などの大気汚染物質濃度の速報値を公開しています。

 

以上のように、PM2.5はとっても怖いものなんですね。
特に影響を受けやすいのが、抵抗力の低い赤ちゃんや小さなお子さんです。

 

うちにも0歳の赤ちゃんがいるので、PM2.5の影響がとても心配。

 

というわけで、そんなPM2.5対策方法を研究して、いろいろと実践しています。

 

私と同じように、赤ちゃんのいるママにも参考にして欲しいなって思い、その内容を本サイトで公開しています。